877号の改造(レインモール)

当車両、ガタイがこんなで、明るい白系のボディーカラーのため
雨に打たれると瞬く間に、涙目のように水垢が容赦なく付きます。。
その中で重大な問題点として、屋根部の独特な形状です。
それは、車両後方はフラットで
前方部はカマボコ型の形状(私は”リーゼント”と呼称してます)
のため、後輪上がりの駐車では、標準のレインモールが
正常に機能せず、予定外の場所から雨水が溢れ出てしまいます。。
その現象を手書きした画像が以下です。

※赤丸が決壊ポイント、緑線が雨水の流れであり 水垢が発生する線でもある。

平地に駐車しているのであれば、後方に流れ落ちるはず
なのですが、後輪上がり(前傾姿勢)では、上記のような問題が発生します
洗車の度に水垢落としに苦労するので
耐えかねたので、ボディラインに沿って付いている
標準のレインモールは撤去
(シリコンコーキングでべったり付いてました、除去するのに苦労しました)
ホームセンターから調達したC型アルミ材(10mm.t/1mm)
ボディと水平に、耐候性の両面テープで張ります。

必要メーター数は、ストレート部で4m、バンクベット部の
曲線に1mちょっと、が左右分必要です。
実際に取り付けた画像は以下です。

ボディ側面は所々、ボコボコしていて
手こずりました。。

※ストレート部も波打ってましたけど、バンク部は、前に行くほど内側に細くなっている形状でした。

都度、アルミ材の内側をベビーサンダーで切り欠いて
曲げれるようにして取り付けました。
切り欠いても、アルミ材が浮いてしまった箇所があったため
変性シリコンで埋めました。

※両面テープでは付きにくい箇所のみ、コーキングで隙間を埋めます。

まとめると、後輪上がりで駐車して、雨水が決壊する場合
見た目よりも機能性!で考えているキャンカー乗り
さんだったら、手間ありますけど、オススメです。
専用の市販のゴム製レインモールは、高い!です。
それの代用としてアルミC型を使いました。
素材の耐久性は、ゴム製よりは強いと思います。
雨水の流れが変わり、ボディに垂れることなく
車両頭部の地面に落ちてくれます。


ソレイユの丘(神奈川県横須賀市)


今回のプチ旅は、三浦半島にお邪魔しました。
いつもは、ついつい伊豆とか、山梨方面に出かけてしまいます。
三浦半島といえば城ヶ島くらいしか行った事が無かったので
事前にリサーチした上で、和田長浜海水浴場の駐車場を目指します。


ここで車中泊です。
海水浴オフシーズンのためか、夜は車が数台のみでした。
駐車場は広いので、気を遣う度は、低かったです。
昼間の浜辺は、当然空いてます。


朝9:00頃になると車が30~40台に増えてきました。
どうやら皆さま、ボートで釣りに来ているようです。


トイレは、建家が封鎖されていて、仮設が男女2台ずつでした。
利用者が多いためか、汚めでした。
(掃除は1日1回キッチリだと思うのですが、水が流れにくいせいで汚かったです)
車中泊する場所としては、無料駐車場だからいいのですが
トイレがきちんと機能して欲しいところです。

お風呂は、海水浴場から5分程度の「ソレイユの丘」へ。
簡単に特徴を記載します。
良い点:安め。露天風呂での景色はいい。幼児への配慮がある。
悪い点:時間帯によっては駐車料金発生。温泉では無い。

・大人650円、3歳~300円
・ボディソープ、シャンプーは備え付け
・洗い場は20人くらい?普通の規模、サウナ有
タイプの異なる露天風呂4種程
・ベビーバス、幼児用椅子がある

※GoogleMaps位置情報URL
https://goo.gl/maps/YCv5th6QfRt

877号の改造②(テレビ台)

前回の続きです。
※前回の記事のリンクです(http://anytimestaygold.net/archives/84

加工が終わり、塗装(手抜き)です。。
水性ペンキを刷毛で塗りました。
遠目で見てもムラムラ感が。。

各部品を組み、子供などが触っても怪我しないように
角にクッション材を両面テープと接着剤併用で、取り付けます。

モニター背面の金具取り付けは、こんな感じです。
VESA100規格通りに金具を作製しているので、万が一に
モニター交換が必要になっても、簡単に入れ替えできます。

全ネジで吊り、振れ止めにクッション材をモニター下に挟みます。
これで、走行中の振動でもモニターの振れを緩和できます。

本設置です。アンプ、PS4、モニターを乗せても、バンクベットの
引き出しには影響ありません。
まずは成功です。

ただ・・・
センタースピーカー、リアスピーカーの本設置がまだです。
早々に終わらせねば。。

877号の改造①(テレビ台)

今メインで製作中なのが、テレビ台です。

靴箱の天端からバンクベットの下端までが、570mmしかありません。
靴箱の上に、テレビ直置きしても上の空間がもったいない。
そのままでは、何とも使いにくい空間です。

その570mmの空間に、何とか以下の機器を収めたいと思います。
・23インチモニター(350mm)※台座無し、モニターのみの寸法
・5.1chセレクターAVアンプ(116mm)
・PS4(60mm程)

コスト、重量、加工の面からすると
木材を使うところですが、木の厚み”12mm強” が分厚く感じます。
そこで、家の材料ストックから1mm厚の鉄板を掘り起こし
金物中心でテレビ台を作製します。


こんな感じで、210mmほどのアングルを立てて溶接します。

 


中間に1段棚をアングルピースで吊るします。
縦柱のアングル下部には、補強としてアングルを溶接します。
これだけで、天端にモニターを置ける強度が出せそうです。

※各機器の全高は以下です。
・AVアンプ(116mm)
・PS4(60mm程)
・23インチモニター(350mm)※台座無し、モニターのみの寸法

モニターは、標準台座をとっぱらいます。
台座を含めた全高は400mmになってしまいます(50mmが台座分)
50mmも高くなってしまうと収納棚の全高が犠牲になります。

そこで、VESA100規格に合うプレートを作製し


棚とは別のプレートにナットを溶接します。


溶接したナットにM12×300mm全ネジを締め付け
モニターを無段階で宙吊りする作戦です。。

続く・・・です

※その②へのリンクは下記です。
http://anytimestaygold.net/archives/131

昭和湯(静岡県下田市)

またまた外湯のお話です。

先週末、3/3(土)~河津桜を鑑賞しに南伊豆まで行きました。
寒さが続いたおかげで3月上旬でも、満開の桜を見ることができました。

私は昔から伊豆が好きで、年に10回以上は踏み入れてます。
泊まりで行くとなると、下田方面まで足を伸ばします。
そこで見つけた下田市の銭湯が、昭和湯です。
良い点:安い。ちゃっちゃと入れる(海水浴シーズンは未知数)
悪い点:キャンピングカーには道、駐車スペースが狭い。
簡単に特徴を箇条書きします。
・料金:大人400円、5歳まで80円(6歳以上も、別に金額設定ありました)
・シャンプー、ボディソープ備え付け無(各40円で買えます)
・洗い場は、昔ながらのお湯と水のレバーのみ。
(子供的には楽しいみたい)
・浴槽は普通湯の1種類のみ(深くて熱め)
・鍵付きロッカーあり。
・21時まで(入店締め切りが、20:30まで)
・駐車スペースは、狭めが6台程(混んでると待つことに)

※GoogleMaps位置情報URL
https://goo.gl/maps/qqwdHKXCwRR2