家庭用エアコン設置②(室外機スペース確保)

ついに!
エアコン取り付けプロジェクト始めます!

まずは!
厄介そうな室外機スペースの確保です。

室外機の取り付けスペースはこちらです!


も、もったいない。
車内とは独立した空間なので、臭い放つモノなんかも
入れれて、水抜き穴もあるし、意外と使い勝手は良かった。

さ、さようなら。。

FRPカットなのでキリ粉がすごい。。
とりあえずこの箱を切除します。


パッカーん。とサンダーでカットです。
邪魔そうなコーキングもカッターで切削です。
上記画像で見えている、リーフスプリングの固定ボルトが
室外機スペースにかなり近いです。


ジグソーと電動ドリルでバッキバキにカットです!
W=680mm、D=250mmでカットしてます。
何故、荷室床までカットが必要かと言うと
単にボックスカットだけでは、室外機が地面に近すぎるからです。
つまり、道路の段差次第で地面にヒットさせる可能性がでます。
しかも車両端ってことは、コンビニやスタンドから道路に出るときに
左に旋回しながら段差を降りると、室外機が地面に当たる危険があります。
詳細の寸法は、次回アップしますが
80mm程度、室外機が車内にこんにちわ!って
飛び出てきてくれれば、より地上高から離れて
接触の危険を防げます。

ワイドの端にはシャーシフレームから出てるボディフレームが走ってます。
奥行きにも同じように鉄のフレームが走ってます。
まーだ、どのように吊るか考え中ですが
アングルピースをボディに溶接して、そこから
アングル材で室外機の下にあるベースフレームにボルト固定。
っていうイメージです。
ワイドは、荷室だけだと600mm程度しかとれません。
つまり、シンクがある床までカットしないと
ワイド680mmを稼げません。


シンク(流し台)の下には、キッチン用品の収納棚があります。
そこからさらに床までは、80mmくらいの密閉空間があります。
その無駄空間のおかげで、収納棚に影響無く
荷室床から室外機がこんにちわ!できるわけです。
1つ危なかったです!
上記画像右側でうっすら銅管の地が見えてますが
ザクザクカット中、おそらくガス管の銅管だと思うのですが
ドリルかジグソーでかすめて傷付けてしまいました。
穴が空いた感じは無かったので一安心ですが
注意しないと危ないポイントです。

次回は、室内機側のスペース確保のための
作業を予定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください