877号の改造②(テレビ台)

前回の続きです。
※前回の記事のリンクです(http://anytimestaygold.net/archives/84

加工が終わり、塗装(手抜き)です。。
水性ペンキを刷毛で塗りました。
遠目で見てもムラムラ感が。。

各部品を組み、子供などが触っても怪我しないように
角にクッション材を両面テープと接着剤併用で、取り付けます。

モニター背面の金具取り付けは、こんな感じです。
VESA100規格通りに金具を作製しているので、万が一に
モニター交換が必要になっても、簡単に入れ替えできます。

全ネジで吊り、振れ止めにクッション材をモニター下に挟みます。
これで、走行中の振動でもモニターの振れを緩和できます。

本設置です。アンプ、PS4、モニターを乗せても、バンクベットの
引き出しには影響ありません。
まずは成功です。

ただ・・・
センタースピーカー、リアスピーカーの本設置がまだです。
早々に終わらせねば。。

877号の改造①(テレビ台)

今メインで製作中なのが、テレビ台です。

靴箱の天端からバンクベットの下端までが、570mmしかありません。
靴箱の上に、テレビ直置きしても上の空間がもったいない。
そのままでは、何とも使いにくい空間です。

その570mmの空間に、何とか以下の機器を収めたいと思います。
・23インチモニター(350mm)※台座無し、モニターのみの寸法
・5.1chセレクターAVアンプ(116mm)
・PS4(60mm程)

コスト、重量、加工の面からすると
木材を使うところですが、木の厚み”12mm強” が分厚く感じます。
そこで、家の材料ストックから1mm厚の鉄板を掘り起こし
金物中心でテレビ台を作製します。


こんな感じで、210mmほどのアングルを立てて溶接します。

 


中間に1段棚をアングルピースで吊るします。
縦柱のアングル下部には、補強としてアングルを溶接します。
これだけで、天端にモニターを置ける強度が出せそうです。

※各機器の全高は以下です。
・AVアンプ(116mm)
・PS4(60mm程)
・23インチモニター(350mm)※台座無し、モニターのみの寸法

モニターは、標準台座をとっぱらいます。
台座を含めた全高は400mmになってしまいます(50mmが台座分)
50mmも高くなってしまうと収納棚の全高が犠牲になります。

そこで、VESA100規格に合うプレートを作製し


棚とは別のプレートにナットを溶接します。


溶接したナットにM12×300mm全ネジを締め付け
モニターを無段階で宙吊りする作戦です。。

続く・・・です

※その②へのリンクは下記です。
http://anytimestaygold.net/archives/131

昭和湯(静岡県下田市)

またまた外湯のお話です。

先週末、3/3(土)~河津桜を鑑賞しに南伊豆まで行きました。
寒さが続いたおかげで3月上旬でも、満開の桜を見ることができました。

私は昔から伊豆が好きで、年に10回以上は踏み入れてます。
泊まりで行くとなると、下田方面まで足を伸ばします。
そこで見つけた下田市の銭湯が、昭和湯です。
良い点:安い。ちゃっちゃと入れる(海水浴シーズンは未知数)
悪い点:キャンピングカーには道、駐車スペースが狭い。
簡単に特徴を箇条書きします。
・料金:大人400円、5歳まで80円(6歳以上も、別に金額設定ありました)
・シャンプー、ボディソープ備え付け無(各40円で買えます)
・洗い場は、昔ながらのお湯と水のレバーのみ。
(子供的には楽しいみたい)
・浴槽は普通湯の1種類のみ(深くて熱め)
・鍵付きロッカーあり。
・21時まで(入店締め切りが、20:30まで)
・駐車スペースは、狭めが6台程(混んでると待つことに)

※GoogleMaps位置情報URL
https://goo.gl/maps/qqwdHKXCwRR2

はじめます。がんばります。STAYGOLD!

はじめまして、管理人のニッチーです。
ブログのタイトルについて書きます。

タイトルの””STAYGOLD””は、「輝き続ける」という意味合いで使います。

第一子が2年前に誕生。それと同時に大幅業種変更にて転職。
公私ともに慌ただしい月日が流れ
“”自分らしさ””を見失いそうになっていたところに
夢のまた夢だった、ド・ストライクなキャンピングカーを
見つけてしまい、家族等に理解してもらった上で入手。

以前乗っていたハイエースとは違い
室内で直立が可能。普通のベット同等の寝心地。料理もできる。
旅好きとしては、たまらないスペック。
一気にプライベートの充実感がMAXになった。

大好きな車で、大好きな家族と旅ができる。
この要素がマッチして、自分のみならず
一家で””STAYGOLD””できるんじゃないかと!
若しくは、そうなりたい!と、願う気持ちから
ブログタイトルにそれを加えました。

また、ド・ストライクなキャンピングカーでも
不便なところ、快適化の向上など、改造の余地があるところも目立ち
趣味の日曜大工を生かしつつ、カスタムしていきます。
その模様も掲載していこうと思います。

今後とも宜しくお願いします。

湯郷三島温泉(静岡県三島市)

※ブログスタートにともない、テスト投稿の意味合いも兼ねます。

まずは風呂の話。

土曜夜から箱根に入った。
前回味をしめた家族風呂へ。

箱根から少し南にある湯郷三島温泉へ。
入館料+貸切料で総額¥2,600程
割高感があるのは、前回の伊豆松崎が総額¥1,000だったからだろう。
今回は恐らく相場。

その分、アメニティは充実。
普通のスーパー銭湯が個室化されたイメージ。
何人でも値段は同じと説明を受けた。
シャンプー、ドライヤー、ベビーバス、トイレ有り。洗い場は2つ。
内湯のみだったが、十分。

※GoogleMaps位置情報URL
https://goo.gl/maps/bqL64cGkW1F2

総じて、リピートしてもいい手応え。
各地の家族風呂めぐりもいいかも。
日帰り温泉特集の旅行本を
見れば選定しやすい。