877号の改造(鉄チンホイール塗装)

※塗装前、洗車後の現状

所有し始めて1年半が経過します。
洗車ペースは1ヶ月に1~2回程度です。
鉄チンホイールも、その都度洗ってきましたが
真っ黒から薄くなってしまったのか、元々か
ピカピカ感が無い状態です。

そこで、装着したまま塗装してみました。

※養生材は、マスカーテープとマスキングテープ

アール部分や丸形状をマスキングするのは
ストレート部より骨が折れます。
建築資材ではよく知られるマスカーテープと言うのは
極々一般的な緑の養生テープとビニールが合わさっている
広範囲への養生が可能な資材です。
そのマスカーを、ホイールとタイヤの隙間めがけて
貼っていきます。
(マスカーがシワになったり、ビニールを切ったりします)
センターキャップやエアバルブ、ナット関係は
マスキングテープ(24mm厚)で養生します。

※下地処理にプライマーを吹きます。

本塗装の前に、塗装の密着を良くするために
サンデーペイント社プライマースプレーを吹きます。
※2~3回上塗りしました。

透明なスプレーのはずが、何故か色が濃くなり、黒光りしてます。
一見すると、このままでも良さそう?ですが
今回の塗装色は、つや消し黒にします。
一般的なラッカースプレーを使用します。

※つや消し黒に塗装

本塗装のつや消し黒のスプレーは、2~3回上塗りしています。
つや消しの特徴は、スプレーの拭きムラが出にくいところです。
多少雑に吹いても、遠目からだと綺麗に見えます。。
所詮、鉄チンですが
所要作業時間、1時間ちょいで
(スプレーの上塗りがあるので数日要しますが)
新品のように黒々と、小奇麗になります。
身だしなみは足元から・・・なのかもしれません。。

※黒々して、満足です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください